食事とリバウンドの関係性とは・・・

こんにちは。今日はダイエットにつきもののリバウンドについて考えて見ますねー!(^^)!

リバウンドは、食事制限と大きな関わりがあります。数多くの人が、食事制限をして摂取カロリーを減らして、スリムになろうとしてるけれども、食事制限によって体重を減らすことができたという人はほんの一部です。
23.jpg
生まれてから今までの体験、感じたこと、考えたことをまとめ、アドバイスとして活かすことで、就職活動以外の場でも自分に対しての自信ができます。

ダイエットを達成させるには、意外と数多くの困難があります。その中でダイエット中に起こるリバウンドとは、ダイエットをした後に、体重が元の体重にすぐ戻ってしまったり増加する現象のことを指します。

どういう理屈かと言いますと

基本的には普段の食事から摂るエネルギーより運動などで消費されるエネルギーが少ないと、あまったエネルギー分が脂肪などに変換されて、体に蓄えられてしまいます。

食事制限をするのは、カロリー摂取の量を減らすことで、消費カロリーより摂取カロリーが少ない状態にし、体脂肪の消費を促すためです。

摂取するエネルギー量を減らしてダイエットを行うというアプローチは間違ってはいません。ただし、人間はカロリー補給が少ない状態が続くと、生命維持のために少ないカロリーで生きていける体に自らをつくりかえます。ダイエット中に体重の減少がストップするのは、食事制限に体が慣れてくるためです。

リバウンドが起きるのは、カロリー制限に体が適応した時に食事量を元に戻したことで、一気に余剰カロリーが増えるためです。
22.jpg
特に無理な食事制限によるダイエットを行うことで、リバウンドをしてしまうことが多いですし、しばらくは体重減少に成功したように見えても、ほどなく体重が元通りの状態になってしまいますので、これではダイエット成功とはいえません。

食事制限からのリバウンドが起きると、以前の体重よりも太ってしまうことも珍しくはないといいます。頑張ってダイエットをしたのに、最終的に体重が増えては、ダイエットが無意味に終わってしまいます。

この記事へのコメント