気持ちよく生活できることこそが「ダイエット」の成功に繋がる

ダイエットダイエット・・と思ってばかりいると、ダイエットは成功しません。ダイエットの鉄則は「適度な食事制限と適度な運動」ですが、それを「続ける」ことが何より大事なのです。
3.jpg
一時的に食事制限したり、一時的に運動したりしても、それを日々の生活の一部として続けられないのなら、すぐリバウンドしてしまいます。
続けるためには、意識改革をすることが大切です。

食事制限するために生きているわけではありませんよね?また、痩せる=幸せとは限りませんよね?ではなぜ、ダイエットするのでしょう?
5.jpg
そもそも「ダイエット」と思うからいけないのです。人の体は、一日3回食事をするようにできています。その3回の食事をいかに美味しく食べるか、というのは幸せの条件の一つのように思います。
きちんとお腹を空かせて、その季節ごとの素材の味をよーく味わって食べてみてください
空腹だったからこその美味しさに気付き、素材の味を生かすには余計な油や濃い味付けなんて不要だと分かるはずです。
つまり、毎日の食事を美味しく幸せなものにするには、間食は邪魔だし、過度なカロリーも味付けも不要ということです。そして、そういう幸福な食事が毎日の当たり前になることが、「ダイエット」を続けているということになるのです。

運動も同じです。痩せるために体を動かすのではなくて、まず、体を動かすことの気持ちよさを知るべきです。毎日適度な運動をしていれば腰痛や肩こりにも改善されていき、体重に変化がなかったとしても、体が軽くなった・疲れにくくなったと感じるはずです。そしてそれこそが、太りにくい体質として「ダイエット」の成功につながっていくのです。

この記事へのコメント